永久保存する。


『でも、絶対こういう時代が来ますよ。
もっともっといろんなプレーヤーが行き来して、
バンド単位じゃなくて音楽全体を盛り上げていくっていう動きが』

(2007年3月号:「音楽と人」 
ストレイテナー:日向秀和(B.)インタビューより)

色眼鏡、全開で話します(笑)。
この言葉が、私は嬉しかった。だからいつかブログで「書こう書こう」と思ってました。

このときって、インタビューの人が「テナーはヘンなバンドだよね」と聞いてて(笑)。
メンバー3人ともが、テナー一筋じゃなくて、いろんなバンド組んでるから、そう聞いたようです。
その質問にひなっちが言った言葉でした。

いつか、仕掛けてほしいなって思いました。
1コのバンド一筋にならんといかん、と、誰かが言ったっけ?
どこかで頭が固まってたのかな、私ね。
だから、ひなっちなら、目を覚まさせてくれたひなっちなら、仕掛けてくれそうな気がする。

 *

そんなワクワクした気持ちを抱えて、それからは過ごしてました。
そんな中、今月のJAPAN。
アジカンの後藤さんのインタビュー。


「やっぱり俺、ダメだと思うな、ジャンルとか言ってたらもう。やってる人たちみんな。
自分の村とかね、畑だかなんだかわかんないけど、もっとこう、ぐちゃぐちゃに塗れないと、みんなで。」


ひなっちとは、また別の視点なんだと思うけど、この言葉も嬉しかったです。
『ぐちゃぐちゃに塗れないと』って、抽象的なようで、わかりやすかった。


こんな人たちの音楽を聴ける時代に生まれたことに、感謝です。
うまくまとめられないけど、読んでくださる人も音楽が好きだと思うから。
こんなこと言ってた人もいたよ、って残したくて。
何の分際で、って感じですけど(笑)そう思ったから。
ブログに残しました。読んでくれて、ありがとう。
[PR]
by resounding | 2007-03-26 16:07 | Music

Hana*(はななめこ) と申します。好きなものを。


by Hana*