いつでも同じところに行き着くのさ



東京事変 「手紙」

前略

貴方が今日、その手を隠しても代わりに瞳が何かを捕らえ、
独りでにまた研ぎ澄まされて新しい力を携えるでしょう。
確信を持つのは当然なこと、何故なら。
あー貴方はもう群青(あお)さに甘えずに戻らない路(みち)を選ぶと云っている。
私ももう溜め息は漏らさない。美しい貴方の決断がため。
 
大人になった私達には何時(いつ)でも答えが要るんだね。
「恐い。」と、惑ってる間(ま)にも生命(いのち)は、燃えてしまう。
祈っているよ。貴方の色が、どんなに酷く澱(よど)んだって変わらないさ。
伝えたこと、遥か遠くで方位を失っても、どうか憶えていて。
私はずっと唄っている。


昔はもっと、季節の過ぎ行く速度が遅く思えていたのに。近頃、何だか速くなるみたい。
為(な)すべきことが山積(やまづ)みになる。
大人になった私達には今直(す)ぐ答えが欲しいよね。
途中で迷っている間にも、生命が芽生える。
願っているよ。貴方の夢は、どんなに濁(にご)る世界だって壊せないさ。
望んだ侭、突き進んで居て方位を誤ったら、そっと思い出して。


追伸

背負っても潰されないのは、
今日も貴方が生きていると信じていて、疑わずにいるからなんだよ。
(ほんの些細な理由)どうかお元気で…。




今日、東京事変の「大人」の入ったMDを繰り返し聴いていて、
この「手紙」という曲と「ブラックアウト」という曲に耳をすましました。(「手紙」の歌詞は、手紙風になっている。)

東京事変は不思議な存在感があります。
初めは何だか、それこそ大人っぽい・アダルティなイメージがありました。
椎名林檎嬢は実際に色っぽかったし、歌う曲の題名・歌詞もそれなりに・・・
・・・あまり堂々と親の前で歌えないようなものも(苦笑)
だけど、この「手紙」のように、さびしげな歌も多い。
いろんな曲に出てくる「私」っていうのは、林檎嬢自身のリアリティなんじゃないかな、って思ってます。
現実に体験した思いなんじゃないか、と。。。
そうだとしたら悲しすぎる歌もあるけれど、確実に人のココロに響いてます。少なくとも私には。


今の私が敬愛するアーティストは、アジカン・エルレ・東京事変・ポルノグラフィティです。
この方たちの歌はモチロン好き。
そして私は、ラジオや取材で彼らがフト呟いた発言にとても勇気付けられる。。


昔、エルレの細美サンは「割れない皿は、大事にされない」ってコトを言っていた。。
ポルノのハルイチさんは『自宅にて』という本の中で「人は”完全”にわかりあえることはない」と言っていた。。
そしてゴッチは「君繋」を。
そして林檎嬢は・・・「歌う」って。。


音楽がスキ。すごく好き。私からコレを取らないで!って思います。
イヤホンして、バスに揺られながら音楽を聴く瞬間が一番幸せかもしれないです*
そしてたまには眠りに落ちる。でも気持ちがいい。

音楽のおかげで、幸せ気分を夢にも持ち込むことができています。
[PR]
by resounding | 2006-04-30 00:26 | Music

Hana*(はななめこ) と申します。好きなものを。


by Hana*