ROCK IN JAPAN FES.2011

e0062434_21253731.jpg


だいぶのんびりしてしまいましたが、「ROCK IN JAPAN FES.2011」に、初めて行ってきました。
初めてのことだったから、ゆっくりじっくり書きたかったんだ。。

2011年 8月6日 土曜日。
お天気はすごしやすい「はれ ときどき くもり」。

直前に譲っていただいた駐車券。本当に助かりました。
愛車に乗って、相方さんと朝早く出発。
相方は仕事疲れで「Zz…」。私がはりきってドライバーに。
音楽を流しながら走らせる。ひたちなかへ。
朝早かったからか、道は思っていたよりもスムーズに進みました。







*阿部真央

記念すべき、ロッキン初ステージは、阿部真央で迎えました。

アルバムを聴いてから、すごく気になっていて。
出てきたときの第一声、「…おはよ。」には、すごくニヤニヤしてしまいました。

大きな声で…ステージどころじゃないな、空まで歌を響かせていました。
つきぬけてた。ずどーんと。
かっこよかったなぁ。かっこいい女の人って、すてきです。

「だれでもよかったくせにー♪」って歌う彼女は厳しいのに、
「真夏の夜のロンリー♪」って歌う彼女は、とってもかわいかった。
あの人は、女の子そのものな感じ。
くるくる変わる表情。目がはなせなかったです。


*手嶌 葵

「コクリコ坂から」を観た私。とてもホワホワいやされる映画と音楽、そして気持ちのよいストーリー。
テーマソングを歌ってくれたら…という思いで観に行きましたが、
もう、ほんとうに素敵でした。まるで涼風。

心をこめて、私たちに歌う葵さん。
歌の合間合間に、ニコニコ。
ふう、と額の汗をふく葵さんは、ジブリから出てきたのかと思う*
ゲド戦記の「心を何にたとえよう♪」も歌ってくれました。
ありがとう。

e0062434_21442017.jpg

凍りイチゴやご飯を食べながら。

*クボタマサヒコ
*Tomoyuki Tanaka(FPM)

DJブースです。
近くの木陰でくつろぎながら聴いていました*

クボタさん、面白かったのがモンハン!
モンハンのテーマが流れた時は、思わず反応してしまったなー。
しかも、林檎さんかぶせてきて。(笑)

最後は「ばらの花」。

田中さんは最初のほうしか観れなかった;;
でも、しばらくクボタさん、いっしょにステージに。
2人でするDJとかも楽しそうー。


*YUI

森の中で歌っていたYUIです。
のびやかに、でもトークはちょっとはずかしそうに。
「翼をください」も歌ってくれました。
本当に、飛んでゆきたいよ、って、思う人はたくさんいると思うんだ。
遠いけれど。だれかの力になれたら、と思う人はいると思う。


*モーモールルギャバン

ロッキンの予習で、どうしてもどうしても観たかったバンドです。
「ユキちゃんの遺伝子」という曲をしって、変態さが逆に気になってしまった…。
「サイケな恋人」もラストにきけて満足です。

ステージはがちゃがちゃ暴れて楽しそうでした。こっちも楽しかった。
「ジャンルはJ-POPでーす!!」って言ってたけど、ウソつけー!!(笑)
うう、でもすっかり好きになっちゃった。。


そろそろフジファブリックへ、とステージへ。
そこでやっていたのは、このバンド。

*筋肉少女隊

食わず嫌いはいけないと、思い知ったのでありました。
大槻ケンヂ、楽しすぎ!!

なんといったらいいのかわかりませんが… 客席との一体感があるのです。
こちらにフレンドリーに話しかけてくれてるし。

それなのに、ゴリゴリした曲。
かと思えば、「ヤッホー」ってやまびこ。

楽しかったですよー!ライブ行きたい☆


すっかりはしゃぎ、いよいよ。
いよいよ、です。



いよいよ、ずっと会いたかった、メインバンドです。



*フジファブリック

ロッキンにもかかわらず、友達がぐんぐん前へ連れて行ってくれて、
いつものライブと変わらないくらい、近くにいることができました。

総君、ダイちゃん、加藤さんがステージに上がる。サポートドラムの刃田さんも。
みんな、いつもの位置につきました。
つまり、真ん中をかこんだ、定位置です。

ああ、志村さん…。
志村さんがいなくなってしまってから、初めてのフジのライブでした。
こころがグンと沈む。

けれど、そんな心だったけれど、
フジファブリックのメンバーが、すぐに引き上げてくれました。

新曲と、今までの曲と。そしてメンバーの笑顔。
「夜明けのビート」は、自分でもびっくりするくらい、わくわくした想い!!
そして「虹」!歌詞の通り、世界が回った。

ギターのそうくんが、ボーカルを務めていました。かっこよかった。
キーボードのダイちゃんは、ハート柄のすてきなシャツ着て踊ってるし、
ベースの加藤さんは、ニコニコと奏でてた。
ドラムのハタさんはもう、しっちゃかめっちゃか!(笑)
楽しそうだったから、こっちも負けじと楽しみました。

あっという間に、時間はすぎて、
最後の曲は、新しいアルバムの曲「Echo(エコー)」

そうくんが、「♪君に捧ぐ」って、あたたかく何度も歌うの。
あたたかくメンバーが音を奏でるの。
それを聴いて私、うっ、と涙ぐんでいました。
空を見上げずにはいられませんでした。

とても、観れて良かった。会えてよかった。
会いたかった。こわかったけど。それでも。

これからも、フジファブリックを応援していこう。。
ずっときっと、好きだ。


素敵な、ひとときでした*




そしてつかの間の休憩のあと、
それぞれのステージに、トリが現れる。

私は観たかった、このアーティストのもとへ行きました。



*the telephones

人の波にココロ踊らされ、
そして体も踊らされる!!


…すごい光景をみてしまいました。

決してせまくない、レイクステージいっぱいに、ぎっしりと、人!人!人!
ミラーボールがキラキラしてるのかと思うくらい、ドハデなライトアップ。
そして、テレフォンズも、観客も、みんなみんな叫ぶ、踊る、歌う!おおお…(驚愕)

なんか、うまく言葉に表せなくてもどかしい。

でも、なんかあのとき「あぁ、これを「感動した!」っていうんだな!」って、
すごくさわやかな気持ちで納得してた。

後日談になりますが、ロッキンから帰ってきてからはテレフォンズをいっぱい聞いてます♪



*androp

テレフォンズを途中でぬけて(ごめんね…)
私のロッキンの最後を飾ってくれたのは、andropでした。

予習で聴いてた「Mirror Dance」が大好きで。
その1曲だけしか知らないのに、選んだ。
でも、選んで良かった。。

優しい歌声。強い歌声。
水分切れのカラダにも、ここちよくしみてゆくかんじ。
ずっと聴いていたいと思いました。
スピードもあるのに、しっかりついてゆける。楽しいと感じる。


幸せだなー。幸せな1日だったなー。





andropを終え、夕ご飯を食べていたら、花火。

こうして私の夏フェスは幕を閉じました。

雨にもふられず。そこまで日差しも強くなく、
初心者にはありがたいほど、心地よく過ごすことが出来ました。
また行きたい。行ってみたい。


最高の、夏の思い出です。*
[PR]
by resounding | 2011-08-16 21:27 | Music

Hana*(はななめこ) と申します。好きなものを。


by Hana*