こころの声


こうして、こころの声をかき言葉にし、世界中のみんなに見てもらう。

一般人の私はね、
こうしていることで、こころの波がゆっくりおさまります。

知り合いに話したい事も、もちろんある。
また、それとは逆に、話したい・伝えたいけど、
直接、伝えてはいけないことだったりするから、ためらうことも、ある。

ある、一定のルールを自分の中につくって。(汚い言葉を使わない、とか)
それを守りながら、自分のこころの声をきいています。

* * *

その、タレントさんのブログを直接読みました。
それまでは、アクセスが殺到で見ることができず、
ニュースの記事で断片的に読むだけでした。

最後の投稿を読んだ感想は、
ニュースが断片的に「検証」し「特筆」した言葉たちっていうのは、
ちょっとだけ、ウソなんじゃないかなってこと。

ブログは、その記事の最初から最後までをもって、ひとつの内容であって。
そのカケラ、カケラをひろって、第三者があーだこーだいうのは、違うんだなって。
そんなことを、感じました。

だって、ひどいと思ったのがさ。
「廊下を走って叫びたい」って気持ちは、すごくよくわかる表現なのに、
この言葉だけ切り取って、やんややんや言ったら、
「あー、ちょっとおかしくなっちゃってたんだ…?」みたいにとらえるひと、出てくるでしょ。

その人が、本心すべてをそこにかいていたわけではないと思う。
顔も知れて、名も知れて、ファンも読んでいると思うとね。
本心なんて、かけないよ。かけないと思う。

悩みがあったなら、本当につらいことだろうと思います。


私はどうしても、こういうとき、その人側に立って考えてしまいます。
命をたつことは、確かにいけないこと。

だけど、やっぱりその人側の気持ちに立つと、大きな声でそんなこと言えないのです。
その人にそうさせたのは、何だったんだろう、と考え、考え、悲しくなります。

* * *

どうかだれにでも、
こころの声を、叫びを、出せる場所がありますように。
[PR]
by resounding | 2011-05-14 12:01 | Days

Hana*(はななめこ) と申します。好きなものを。


by Hana*